• 01

    カネボウ化粧品の企業研究ができる

    カネボウ化粧品はハイブランドなものからコンビニ向けのお手軽な商品まで、多くの化粧品ブランドを手掛ける国内大手の化粧品メーカーです。旧カネボウ株式会社から化粧品事業を切り離し、2004年にスタートを切った会社です。現在では東京証券取引所1部上場の花王株式会社の子会社になります。
    化粧品販売を主体としていますが、いままでの歴史で培ったノウハウを活かし現在ではエステスクールやメイクスクールなど美容のティーチングにも力をいれ、新たな取り組みをはじめています。
    事業所は北海道、東北、関越、首都圏、中日本、関西、中国圏、九州の計8支社30支店の国内から、欧州、中東、アジアなど50を超える海外の国と地域でグローバルに幅広く展開しています。

  • 02

    カネボウ化粧品の取り組み

    カネボウ化粧品では、化粧品の安全性をより厳しく広範囲に確認する新たな「安全基準」を導入しています。
    原料選びからお手もとに届いたその後まで、安心してお使いいただける製品づくりを行っています。これから発売する製品だけでなく、現在販売している製品においても安全性に問題がないか再確認をしています。
    これまでよりも大規模な人数で長期間でのモニター実使用テストを実施し、実際の使用実態をアンケートなどで確認します。誤使用を含め、想定外の使用法についても把握します。
    また、単品での使用試験だけでなく、複数アイテムを同時に使用する場合を考慮した使用試験も実施します。
    カネボウ化粧品では動物実験を行わない方針で商品開発を進めています。新たな「安全基準」を定め、これまで蓄積してきた膨大な安全性データを活用するとともに、代替試験法やヒトによる各種試験により、化粧品の安全性確保を行っています。

  • 03

    カネボウ化粧品の運営協力

    カネボウ化粧品は「みだしなみ講習会」を支援しています。この活動は、2016年からカネボウ化粧品のサステナビリティ活動方針(コミュニティ領域)に基づいて、継続的に実施しています。とある日のみだしなみ講習会では、筑波大学附属視覚特別支援学校(文京区目白台)において、今春高校を卒業する3年生を対象に開催しました。女子生徒は、肌のお手入れの仕方やメイクの方法を、男子生徒は、洗顔や整髪、ハンドケアを学ぶという内容です。自宅でも簡単に自分でお手入れができるように、目が見えにくい方でも使いやすいアイテムを教材に選び、点字シールなども活用しました。
    こような活動を積極的し、「笑顔あふれる社会へ向けて」コミュニティ、エコロジー、コーポレート・カルチャー、の3領域で、化粧品事業の特性を活かした取り組みを行なっています。

参加費 無料
イベント
開催日時
興味ある方が10人を超え次第、
OBの方と開催日程を決定しご連絡致します。
持ち物 筆記用具 ノート
服装 自由
開催場所 株式会社ユナイテッドウィル
住所 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル10F
アクセス 東京メトロ恵比寿駅 2番出口 徒歩30秒

ENTRY

現在0人が
このイベントに興味があります。

※興味ある方が10人を超え次第、
OBの方と開催日程を決定しご連絡致します。