明治ホールディングスOB訪問イベント

このイベントをオススメする理由

明治ホールディングスで働いているイメージがもてるようになる

明治ホールディングスの企業研究ができる

明治ホールディングスは東京都中央区に本社を構える食品メーカーです。2009年に、「明治製菓」と「明治乳業」が経営統合して設立されました。さらに2011年には再び経営統合を行い、「明治(食品会社)」と「Meiji Seika ファルマ(薬品会社)」もグループ傘下に置きました。現在は、「食と健康」のプロフェッショナルとして赤ちゃんからお年寄りまでのあらゆる世代の人々に、コナミルクから菓子や牛乳・乳製品、薬品さらには高齢者食品・流動食まで、幅広い商品・サービスを提供しています。「圧倒的な食品の売上高」と「医薬品の販売」です。他社と比較しても食品のみで1兆円もの売上を超える唯一の企業で、圧倒的なシェアを誇っています。主力商品は乳製品では「明治ブルガリアヨーグルト」、チョコレートでは「明治ミルクチョコレート」などがあります。こういった消費者に馴染み深いロングセラー商品が多い点も明治の地力の強さを表してるといえます。

明治ホールディングスの強みが知れる

なじみの深い菓子などを手がけ圧倒的な売上を誇る食品事業(2015年度売上高1兆20億円)、に加え開発技術を転用し医薬品や農薬・動物薬を製造・販売する医薬品事業(同年売上高1,400億円)も展開しています。同業他社が軒並み食品事業での売り上げを落とす中、明治は「明治チョコアイス」シリーズの人気に支えられ、前年比65億円の増益を達成と踏ん張りをみせています。海外、とりわけアジアでの大幅な売り上げ拡大も特徴の一つに挙げられます。また、明治はMeiji Seikaファルマ株式会社という薬品会社をグループ内に持っており、ホールディングス売上高の13%ほどを占めています。同社はジェネリック医薬品の抗菌薬の「メイアクト」や「オラペネム」、抗うつ剤の「リフレックス」などを販売しています。今後医薬品の特許切れによって、国内のジェネリック医薬品市場規模の拡大が見込まれる中、国内の食品分野の市場縮小を補う成長分野として期待されている事業です。

明治ホールディングスの社風が知れる

「チャレンジ精神」が重視されるのは明治です。高い職能への挑戦をうながす人事制度設計でチャレンジを推奨する環境を整えるなど個々の「チャレンジ精神」を高く評価する社風があります。またチームワーク重視の文化を持っています。創業100年以上もの老舗会社でもあり、旧来からの日系企業的な組織主義、年功序列などの文化が根付いています。

イベント概要

  • 参加費

    無料

  • イベント
    開催日時

    興味ある方が10人を超え次第、
    OBの方と開催日程を決定しご連絡致します。

  • 持ち物

    筆記用具 ノート

  • 服装

    自由

  • 開催場所

    株式会社ユナイテッドウィル

  • 住所

    〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル10F

  • アクセス

    東京メトロ恵比寿駅 2番出口 徒歩30秒

定員20人、4人がこのイベントに興味があります。

※興味ある方が10人を超え次第、
OBの方と開催日程を決定しご連絡致します。

イベントにお越し頂くOBについて

同じ業種のOB訪問イベント