• 01

    若山社長ってどんな人?

    1972年、埼玉県生まれ。幼少期から野球に励み、社会人野球も経験。大学卒業後、金融系システム開発のSEを経て1998年に株式会社インテリジェンス入社。2002年、執行役員に就任しIT派遣事業、人材紹介事業の事業責任者を歴任。その後、同社の同僚でありLASSICの創業者である西尾の掲げる理念に共感したことを期に2009年にLASSICへ入社、代表取締役社長に就任。

  • 02

    LASSICってどんな会社?

    魅力的な仕事が少ない、給与水準が低い。そもそも仕事がない――地方ではこうしたことが原因で人口流出が加速し、衰退が進んでいく。そんな地方課題に対して、「~鳥取発~ITで、地方創生」を経営理念に掲げ、テクノロジーを駆使して解決を図るのが株式会社LASSIC(ラシック)だ。


    日本一人口の少ない鳥取県で2006年に創業したLASSICは
    【社会】東京一極集中の経済活動を分散し、地方を活性化
    【個人】愛する土地で、自分らしくはたらく環境の創造
    【顧客】アイデアとIT技術で、お客様のビジネス成果に貢献
    この3つの想いで、最新のIT技術やアイデアによって付加価値を創造し
    個人・企業・地域の活性化、ビジネス成果をもたらしています!

    企業様だけでなく、地方の「らしく」の実現を胸に「アイデアとIT技術」をもって
    愛すべき鳥取で残してきた実勢を元に、全国各地での地域問題解決に耳を傾けています。
    https://www.lassic.co.jp/service/pis/

    〈エンジニアのリモートワークに特化したエージェントサービス〉
    https://www.lassic.co.jp/service/
    〈UXデザイン&インテグレーション〉
    https://www.lassic.co.jp/service/ux/
    〈感情解析研究開発〉
    https://www.lassic.co.jp/service/em/


  • 03

    どんな話が聞けるの?

    シリコンバレーも、かつては仕事を求めて若者が流出していくことに悩む地方都市だった。世界的企業を数多く生み繁栄し続けるシリコンバレーも、かつては目ぼしい産業がなく、若者離れに苦しんでいました。そんな状況を変えたのが、雇用を生むための「大企業の誘致」と「起業の促進」でした。しかし時代が進んだ今、雇用を生み出せるのは「大企業」や「起業」だけではありません。それが、LASSICの事業であり、LASSICがあなたと取り組みたい、次の2つの仕事なのです。

    [仕事の移管]大都市圏に集中する仕事を地方に移転する
    ニアショアというメリットを活かして、大都市圏にある仕事を地方でもできるようにする。

    [仕事の創出]地方に雇用を生むサービスや事業を創り出す
    地方自治体との連携事業、地域を活性化するサービスの開発、新技術を使ったビジネスを創り出す。

    あなたもLASSICを通じて、地方に「雇用」を生む「シリコンバレー」を創りましょう!中期目標は、「50の地域に、1,000人の仲間」を持つこと。あなたも、その先駆けになってみませんか?

    最も人口の少ない鳥取から全国へと羽ばたく若山社長と、これからの社会について語り合いませんか?

参加費 無料
参加対象 20卒
イベント
開催日時
2019年02月21日
イベント
開催時間
19:00~21:00
持ち物 筆記用具 ノート
服装 自由
開催場所 秀吉
住所 東京都港区白金1-17-2 テラス棟 107号
アクセス 白金高輪駅徒歩1分

ENTRY

現在3人が
この社長メシに応募しています。