【東大卒→電通→ROBOT PAYMENTを設立】国内外の新しいビジネスに挑み続ける社長と社長メシ

このイベントで会える社長

株式会社ROBOT PAYMENT
代表取締役社長
清久 健也さん

清久社長ってどんな人?

1970年生まれ、山口県出身。
東京大学工学部精密機械工学科卒業。電通に入社し、セールスプロモーション、 大手自動車メーカーの担当営業を務めた後、2000年に株式会社ROBOT PAYMENTを設立し、代表取締役CEOに就任。
インターネット決済事業、マーケティング事業、システム事業、グローバルEC事業を中心に日本およびアジアにて事業を展開中。

ROBOT PAYMENTってどんな会社?

『お金をつなぐ未来へ「FINANCIAL ROBOT COMPANY」』
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。
本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。
企業活動の血液である「お金」という存在。
『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』
現代は、
ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。
これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。

私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、
お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。
現在提供しているサービスは以下の2つです。
■インターネット決済サービス
創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。
現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。
■請求管理ロボ
2014年8月にサービスを開始した請求クラウド
「請求・課金業務をもっとシンプルに」をコンセプトにサービス開発を行っています。
これまで決済サービスのお客様とのお取引を通じて発見した、企業における共通の業務課題をクラウドサービスの提供を通じて解決します。

どんな話が聞けるの?

【事業を創造するための要諦とこれから活躍する人の条件】が聞けます。
清久社長が11年前にCloud Paymentの前身となる企業を創業した当初から、国内外での新規事業の創造に携わってきました。
現在、まだ社員数100名程度のベンチャー企業でありながら、
国内でいくつもの事業を軌道に乗せ、上海、インドネシアに支社を設立するなど国内外の新しいビジネスに挑み続けています。
その中での経験も踏まえ、
・今、社会に求められる人材の条件は何か?
・事業創造のために求められることは何か?
・事業を創造するスキルを身につけるために最適なキャリアは何か?
をお話しいただきます。

イベント概要

  • 参加費

    無料

  • イベント
    開催日時

    興味ある方が4人を超え次第、
    開催日程を決定しご連絡致します。

  • 持ち物

    筆記用具 ノート

  • 服装

    自由

  • 開催場所

    未定

  • 住所

    未定

  • アクセス

    未定

定員8人、12人がこのイベントに興味があります。

※興味ある方が4人を超え次第、
開催日程を決定しご連絡致します。